【写真集】アートアクアリウム2018@東京日本橋【お魚天国】虐待?金魚/死んでいる病気説検証

煌びやかで美しいお魚天国♪

アートアクアリウム2018東京 日本橋会場の写真集です♪以下解説つき。

まず入り口入って一番最初の展示で天井に金魚が!!びっくりします。

ちょっとあのー、ホストクラブを連想しました(笑

照明は色々な色に変化していきます。

近くにいた人が「ライトの色が赤っぽいと金魚が埋もれてしまうからライトが青とかに変わった時に金魚が見やすくなるね」と話していました。なるほど。しかし金魚の身からしたらストレスではないか?

水槽に空気は入っているのでしょうか?近くにいた人からは
「かわいそう・・・」という声が聞こえましたが
多分大丈夫な仕様になっていると思います。(水槽の管理システムについては当記事の最後で書きます)

金魚たちはみんな元気そうに見えましたから大丈夫でしょう。

何という種類の金魚なのかな?

さていよいよメイン会場に入ります!!

掲載した写真は会場の全てではありません。

人が多く水槽前のベストポジションを取るのが難しく、お魚が動き、ブレたので写真を厳選することになりました。本当はもっとたくさんあります。

このように会場は広いフロアに様々な形状の水槽が設置され自由に見て周ることができます。

ひな壇タイプの水槽や、円形・球型の水槽、角型や鉢型などいろいろな形状・装飾でとても芸術的です。

しかし水の透明度が高いですね。このコーナーは壁際のひな壇水槽です。

人が多いので水槽のまん前に陣取るには前の人が移動するまで少し待機が必要です。

鉢型水槽にいた子たち。

ぷくぷく。

可愛い。

照明の色は次々に変わります。上にも下にもお魚いっぱい♪

大きな鯉?も。

しゃがんで水槽を横から見ることもでき。しかし藻すら全くついていないのでよく見えて綺麗です。

水槽にはフタが付いていないのでスマホやカメラを落とさないようご注意です。

底に敷かれているビー玉の色合いが魚とよく合っていますね♪

立派です。

こちらも鯉ちゃんでしょうか?周りの小さいのが可愛いです!!

球状の水槽です。

羽ばたいて空を飛ぶ小鳥のようにも見え・・・

会場内にずっと重低音の効いた落ち着く系の音楽が流れており癒されます

長く大きな屏風の中にも金魚がいます。

背景の絵はプロジェクターマッピングなので刻々と変化していました。

影が映るように計算されているのでしょうね。

四季を意識された和風の色彩ですね。

少しボケました。すみません。

絵が動きますよ。

なおこの下の水槽には大きな金魚がそれよりも小さい金魚2,3匹に追い掛け回されて(体にあった黒い傷のニオイに他の金魚が反応?)食われそうになっていました。他のお客さんもそれに気づいて「金魚って共食いするのかな?」とヒソヒソ話していたので私がスタッフを呼び「追いかけられている金魚を他の場所に隔離してやってください」と頼んでおきましたよ。

屏風型水槽の近くには金魚の種類名の説明が壁に貼られていたと記憶しています。

次のエリアへ続く入り口があります。

次のエリアは1本の通路状で、両サイドの壁にこのような円形の水槽が並び、通路の中央にも鉢型の水槽が設置されていました。

あまりにも水が透明で汚れてないので手を差し入れて金魚をすくえそうな感じが何とも不思議でした。

 

ぷくぷく感がマスコット的で可愛いです。

金魚を可愛いと思ったのは初めてかもしれない。

水槽の側面に「ここから覗いてください」という表示があり除くと万華鏡のように中の様子が見えるようなのですが、いまいちピントが合っておらずあまり効果が分かりませんでした。

底のビー玉は色が満遍なく配分されているようですね。

↑ここから覗いてくださいの穴

こういった光景を見つめていると日常の雑多なストレスを忘れられます。

横を見ると最後のコーナーです。

こちらも屏風型水槽です。中にグレー系の金魚さんが。

ときおり、さかさまになって泳いでいる子が見られ少し心配になりました。

タテ型水槽だと方向感覚が狂うのかもしれません。

屏風の前にはシルバー彫刻作品が展示されていました。

またその前には彫刻が施された刀剣が飾ってありました。

会場内の写真撮影はOKですが、動画NG、一脚、三脚、自撮り棒NG。

フラッシュもNGです。

動画がNGなのは、撮影時間が長くなるため人の流れが滞り、水槽の前に陣取っている人が動かなくなることを防ぐためかと思われます。

最後に。

魚たちのエサはどうしているのか?

水槽の水がなぜあんなに透き通ってキレイなのか?

酸素は大丈夫なのか?

会場内パネルに説明が貼られていました。

『アートアクアリウムはその華やかな表現や
煌びやかな世界観に注目が集まりがちですが、
根本として生態系を存在させる技術があって初めて実現可能となります。
毎日与えられる膨大な量のエサ、
何百匹の金魚が出す排泄物など
常に水を汚し続ける環境下においても、
いつでも透明で透き通っている水を見て、信じられない人も多いかと思います。
しかし、アートアクアリウムはそれを可能にしています。

硝化細菌(しょうかさいきん)という微生物を高速高濃度培養して使用し、

それらが活性機能し易い環境を作り、
そしてそれらが一番効率よく働けるインフラを計算し整えているのです。
いうなれば、魚が生きる環境を作るという事は、
硝化細菌が生きる環境を作るということなのです。

多くの人は魚が泳ぐ水槽部分を見て、
そこだけでアクアリウムが完結していると思ってしまう事でしょう。

しかし、良く見るとアクアリウムの下部には必ず大きな台があります。
そこにはアートアクアリウムを完成する為の
一番重要な心臓部が隠されているのです。
皆が目にする煌びやかなアクアリウムを支える大事な部分です。そこが硝化細菌の住処なのです。

(水槽の土台に細菌の入った機械が内蔵されてるらしい。)

アートアクアリウムでは硝化細菌を上手く
活用する特別な技術を開発し構えています。
だからこそ、想像を超えた表現を実現することができるのです。

そして忘れてはならないのは、アートアクアリウムを維持する生体管理です。
会期中毎日欠かさず、最後のお客様がお帰りになってから次の日に最初のお客様が訪れるまでアクアリウムの生体管理をプロのスタッフが
愛情を込めて続けています。
アートアクアリウムは新しい世界観を生み出すだけ
でなく、自然の摂理に近い生態系を作り出しているのです。』

ということでした^^

硝化細菌(しょうかさいきん)なんて、聞きなれない言葉ですが

別名 亜硝酸菌・硝酸菌ともいい、
「硝化によって炭酸同化を行う土壌細菌の総称。
自然界の窒素循環(ちっそじゅんかん)に重要な働きをする。」とのことです。

虐待説がありますが音と光の刺激は少なからず金魚にとってストレスでしょう。病気の金魚がいたかどうかは素人にはパッと見てわかりません。みんな動き回っているし、詳しい人じゃないと病気は見抜けない。

以上、お魚写真館でした☆

東京日本橋会場への東京駅からの行き方のご説明はこちら♪

混雑状況、グッズ、デート情報はこちら♪

 

この水槽は会場内で私が一番好きな色合いでした。

生き物虐待の心配がない「チームラボ ボーダレス」もおすすめ!(東京/お台場))

(Visited 249 times, 1 visits today)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

湘南美容クリニック【新宿南口院】アクセス方法♪行き方写真解説!
【解決】もしもアフィリエイトでかんたんリンクが文字化けして表示されない件
【実録ルポ】個人開業院の診療報酬返還請求事件【膣カンジタ治療費っていくらなの?検査代】
ゴーヤの収穫は何cm? どのぐらい大きくなったら収穫時期取るタイミング何センチ大きくなると目安ニガウリ育て方食べごろ何センチ
【メニュー】2018年ジャンプcafe混雑状況は?【ジャンプ展カフェ】
海月ダンテ炎上!病気の猫をリリースし物議を醸す。別件で増山珠美(増山かあたん。)の事件について
noimage
一番簡単で無料:Windowsパソコンで画面をスクショする方法 PC画面スクリーンショット簡単な方法無料フリーソフトJtrimダウンロード
【ホロスコープ】出生図 村山幸則【ネイタルチャートリーディング】
Webカメラ初体験★商品レビューiRozceライト三脚付きウェブカメラ♪広角度
☆★各,月星座の特徴まとめ★☆月星座調べる方法は?
12:韓国EU口腔外科5回目検診ルフォーIVROミニVライン形成術後51日目~56日目
noimage
にんきょー団体のおやっさんのホロスコープ
noimage

Menu

HOME

トップ